Old one, please.

"新しい"というだけでは、そのものに興味が持てなくなってしまった。

 

顰蹙を買いそうですが、ある程度自分の中での絶対基準が出来てきたのかな、と思います。

思いたい。

 

ボロの車や、中古品に抵抗がない。

"新しい"ものはこれからも変わらず作られ続け望んでなくてももたらしてくれるでしょう。しかし、"良い"ものに出会うのは難しい。

というか、新しいものをそんなたくさん買えないよ。未だブルーカラー

 

それぞれの大切を見つけて、愛情を持って接していきたいね。

 

 

 

 

のんでした。

想起

このごろ流行りの女の子

お尻の小さな女の子

こっちを向いてよハニー

だってなんだか だって だってなんだもん

 

 

 

 

天気が良かった今日は

何処かで誰かがこの天気に感謝してる

誰かの優しさで世界のバランスは何とか保たれている

世界中幸せでいてほしい

 

 

今は京都にいるけれど、メイドイン相生には少し都会に感じる

 

都会で思い出した話があります。

 

 

 

いつぞやの東京のライブの時、時間を潰してた渋谷か何処かで信号待ちしてると、えらい速度で走り抜ける女の子が1人

その時、カバンから携帯が落ちた

僕がいたのは大きな交差点で、人も何百人といたが誰もそれを拾おうともしない

ベースを背負っていたので嫌だったけれど、私はよく物を落としたり無くしたりするので、その子が後々困ることは目に見えていたから、 ようし、いっちょやってやるか という気持ちで拾い上げ追いかけた

 

すみませーん

 

群衆の中を情けない声で呼びかけながら追いかけるが全く反応はない。もう一度、今度は大きな声で

 

すみませーん

 

あろうことかその子はイヤホンをして走っているのである。そんなんじゃ車に気付けず危ないでしょう!というか、こんなに焦って走るって何事?バイトに寝坊したのかな、とかを考えていた。

というより、その子が走るの早くて見失いそうだった。ムキになって体力テストぶりぐらいに全力で走ったらなんとか追いつけそうになった。

 

ここでひとつ問題。

1.イヤホンをしてて呼びかけには反応なし

2.信号が赤でもうまく路地とかを走り、全く止まる気配がない

3.私の体力もそんなにない

 

ええい、思い切って肩を叩いた。その時のその子の顔は、まるでこれから自分が事件に巻き込まれるんじゃないか、というような顔で、私は悲しかった。不審者に見える?怪訝そうにイヤホンを外したので、

 

携帯落としてましたよ。

 

肩で息をしながら、口の中ネバネバになりながら私は言った。

 

 

 

 

 

 

 

その子は、

 

「(ッ)ス」

 

とだけ言い、携帯を握りしめて去っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もこの世界のどこかで、見返りを求めない善意が誰かを救っているのかもしれない。飲食店の店員さん、駐車場の警備員さん、新薬の研究員さん、名前も知らない人からの幸せをもらい、僕達は笑顔で生きてる。

 

We are the world.

We are the children.

We are the ones who make a brighter day, so let's start giving.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう落し物しちゃダメだよ〜

 

のんでした。

 

 

 

生きる事に必死で

生きてるだけでお金は必要。

別に億万長者にも金持ちにもなりたかないが、自分の命に纏わり付く金ぐらいは自分で稼いで当然だな。

音楽で生きていけるならそうしなさい、絵でも詩でも。

 

魚が水の中で暮らすように、葡萄が蔓から垂れるように、君は君で上手くやっていけばいい

メダカに餌を与える父親、葡萄に消毒をかける祖母、そんな人が身の回りに現れるはずです

 

 

 名前すら知らない人がまた殺人事件を起こし、亡くなってしまった人の顔がテレビの中で笑っているディストピア(よく意味は分かっていない)

 

だんだんと顔が変わって行く自分

時折笑ってる

怪我をして手首の肉が少し削げた

また少し体が軽くなった

早く治るといいな

 

 

病になるには気が活力に溢れ過ぎてる。

 

パラレルワールドを考えてる

どうやって生きてるのかな

 

額にでかい血管が通ってる

ここだけは怪我したくないな

 

f:id:klvstosp:20180702225118j:image

 

 

 

 

 

少しずつ歩いている。たまには広場で遊びながら、たまには友達んくで遊びながら、たまには遠回りしながら、たまには。まだ帰りたくない時だってある。

こっちに来てから、どんな時でも、誰かが待つ場所に帰れる事を嬉しく思う。今まで、待たされるのはあんまり好きじゃなかった。僕も改めたから、あんまり人を待たす事なく、真っ直ぐ帰ることを喜びにしたい。

それでも、たまにはね。(私は優良生徒ではないのだ)

 

休日に家族でアイスクリームを買いに行く事、宿泊訓練で隠れて玩具で遊ぶ事、何時迄も歩いていたいと思いながら坂を登る事、友人達と揉めながら暮らす事、音楽で感動し鳥肌を浮かす事、一人暮らしの中でグッと握りしめ喜ぶ事、下らない話で夜更かしする事。

平凡な、退屈とさえ思っていた事が無くなったりするみたい。

瞬間は帰りたいもの、時間は帰りたくなるもの。

私達は死を恐れていたし、きっとこれからも同じ。

 

 

 

f:id:klvstosp:20180702230821j:image

 

のんでした。

 

 

 

週末のライブ

まだ活動してますので、ゴールデンウィーク5/3は東京でライブです。

有名人みたいですね。

かっこわらい

 

自分にしかできない事

ある?ないけどそこはあるって言うの!

 

タバコなんか美味しくもないが

それでもええねん

 

 

廃盤になる前に生きるのだ

いきうつのだ

のんでした?

 

違うだろー!

 

f:id:klvstosp:20180427122656j:image

 

ボールジョイント。

 

のんでした。

誰も求めていない

何も

エブリデイ。

頑張って描く

 

猫ってなんで苗なん

 

友達に会いたいな🤝

 

 

f:id:klvstosp:20180419214434j:image

いつもなんだ、

こんな時はある

 

記憶の中で生きつづけるために現実と交差させてほしい

人それぞれ。

 

 

それでいい

人が生きるのだから、健康的

アミノ式 ホホホ

 

 

強く自分の命を感じていないと目が霞んでくる

羽ノ浦で住んでた時から一緒

初夏にかけてよく発症

それも一緒

 

悲しんでいる、たまには

 

皆んなの変化を知りたくない⤵︎

ギャルだから。

地獄鬼ギャル、デコメール

 

 

 

 

僕も晴れたい

よし!

 

おすわり🐕

 

 

のんでした!